ウェブデザイン学科問題【最近の傾向】2015-2016

シェアする

スポンサーリンク

27年度第1回から最近の傾向を分析しました

いよいよ試験日が近づいてきましたが、準備は万全でしょうか?

実技試験は何回か練習しておけば大丈夫でしょうが、学科は少し勉強しないと心配です。

HTML、CSSの問題

全体の3割ぐらいのボリュームです。普段からコードを書いている方にとってはそれほど難しくないはずです。HTML5が主流になってだいぶ経ちますが、若干以前のバージョンとの違いが問われる出題があります。

新しく追加された要素、HTML5になって使い方や意味が変わった要素はしっかり押さえておきましょう。この分野の問題では正解数をがっちり取っておきたいところです。

カラーコード(RGB)も最近よく見かけますよ。yellowのコードは?

よく出る問題

代替テキスト、VDT作業に関する問題、アクセシビリティガイドラインなど

ネットワーク分野はなかなか出題が広範囲なので、ガイドブックや過去問題でよくチェックしておきましょう。

常識的な問題(サービス問題?)を落とすのは非常にもったいないです。
最近マイナンバーに関する出題がありましたが、特に迷うような問題ではありませんでした。

この1年でちょっと気になる出題

画像系の出題が気になります。普段からPhotoshopなどを使っていれば知っている言葉たちですが、問題によってはちょっと迷うことが多いのでピックアップしました。

・静止画 解像度
・トリミング
・イコライズ
・アスペクト比
・GIFアニメ
・無彩色
・PNGについて
・色階調
・インターレース
・アルファチャンネル
・ジャギー

上記は27年度から出題されたものです。気になったら過去問チェックです!

たまに「えーっ!」というようなひっかけ問題がありますが、これは運に任せるしかありません。3級は正解数が17、18問あたりがボーダーラインなので、「この1問で・・・」とならないように最後まで頑張って勉強しましょう!

合格を祈っています!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする