上級ウェブ解析士、合格までの道のり

シェアする

スポンサーリンク
上級ウェブ解析士

2015年12月、上級ウェブ解析士を受験、合格しました

【2016年4月30日追記】
もし、初級ウェブ解析士を取得して上級はどうしようか・・と迷っている方にはぜひとも取得をお勧めします。なぜなら、初級だけでは本当に大事な部分に届かないままになってしまうからです。2016年からは修了レポート提出がレポーティング講座を受講すると免除になりましたが、できればレポートは頑張って提出する方を選択することもお勧めします。

どうしても時間がない!という場合は仕方のない選択肢かもしれませんが、レポートを作ることでGoogelAnalyticsの理解も深まりますし、コメントの書き方も勉強になります。

実務で活かしていきたいならば、あえて苦しい方を選びましょう。

以下、2015年度中に取得した上級ウェブ解析士合格記です。

【2016年2月5日記】
10月に初級ウェブ解析士に合格してほっとしたのもつかの間、11月からは上級ウェブ解析士に挑戦です。

申し込むと、講座を主催しているマスターさんから事前学習のいろいろなデータが送られてきます。その量の多さと、内容を把握するのに時間がかかりました。「えっ・・」て感じです。

Day1事前課題とDay1講座

事前学習用動画を見る

資料をダウンロードし、動画を見ます。何本かあるので結構時間がかかります。ポイントと思われるところはメモしながら進めます。Day1の講座はこの予習が前提となっているのですが、なかなか理解するまでには至りません。四苦八苦!

事前演習課題を作成する

事業分析などいわゆる修了レポートの前半部分を作っておかなくてはいけません。提出するものではないのでやらなくても講座は受けることができますが、やっておかないとついていけませんし、レポート作成で相当に苦しむことになります。
個人的にはここが一番苦しかったかな、と思います。わからない言葉が多くてそこの理解から始まりましたし、書いては消し、の繰り返し。しかし今から思えば、この「考える」ことがとても大事なのです。

ただデータを見るだけではなく、まずは事業分析を、という部分ですね。3Cから始まり4P、5F、SWOT分析などなどいろんな分析を行っていきます。

そのほかにもとある会社(架空)のアクセス解析結果からコメントをつけるなど、やはり時間がかかる課題目白押しです。

お役立ちテキスト(ウェブ解析)


繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」 ~Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践

¥1,922 2011/9/7発行 技術評論社

江尻 俊章 (著)

発行年が2011年、ということもあり少し内容は古いのかな、とおもいますが、著者の江尻氏はウェブ解析士協会の代表です。ウェブ解析の考え方を知るためにも読んでおいてよかったです。

お役立ちテキスト(コンセプトダイアグラム)


コンセプトダイアグラムでわかる [清水式]ビジュアルWeb解析 (Web Professional Books)

¥2,592 2015/3/17発行 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

清水誠(著)

こちらもお勧めの一冊。この業界では名の知られた清水誠氏の著作で、コンセプトダイアグラムの理解が深まります。

Day1講座当日

さて、Day1。4名で受講です。(フォローアップの上級ホルダーさんが一人いたので、実質3名。やっぱり一緒にがんばれる仲間は必要!)なんとか無事終了。
事前課題の事業分析はけっこう頑張ったつもりだったので、一応ついていけた感じ。他の方の分析を聞くことでまた自分で考える・・修正する・・の繰り返し。やはりいろんな意見を聞くことは参考になりますね。

Day2への道のり

ここからが正念場。2週間後のDay2に試験があります。Day2のときに提出する課題もあります。そしてその2週間後に修了レポート提出。まさに地獄の日々の始まりなのです。

提出課題の作成

提出する課題は、とある会社(架空)のマーケティング計画です。数字をいじればいい、というものではなく、施策も考えてなおかつそれが現実的でなければいけません。ここがとても難しいのです。同じ業種のサイトを見てヒントにしたり、なるべく現実にある会社を想定して考えるといいかな、と思います。A3にプリントアウトして提出準備完了。(字が切れていないか、などチェック!)

事前学習用動画(Day2用)と試験勉強

動画の後半部分とDay2時に実施される筆記試験勉強をします。
計算問題は必ず出るので、何回も練習します。(一次方程式は必須です。)試験時間は60分なので、計算問題にあまり時間を取られるとその他の問題を見直す時間が無くなってしまいます。筆記試験をクリアしないと次に進めないので、ここはがんばって勉強しました。

そして、修了レポートにも取り掛かります。仕事も始まったのでなかなか思うように時間が取れないことを見越して、早め早めに・・です。
事業分析のあたりはDay1講座で気づいた部分を参考に修正を重ねていきます。

運命のDay2、筆記試験へ

講座はGoogleAnalyticsを使った分析、レポート後半部分に必要な内容。けっこうテンポよく進みますが、やはりこの後の試験が気になってプレッシャーが徐々に・・・

試験は初級の時より多少余裕がありました。とりあえず計算問題以外の問題をひととおりやり、計算問題を集中してこなし、もう一度迷った問題の見直しをして終了。
手ごたえはまあまああり、で山を越えた気分でした。

修了レポート作成

前半の事業分析のあたりはだいたいできていたので、主にサイト解析の部分に取り掛かります。月次トレンド分析、時間帯別分析、ランディングページ分析、ソーシャルメディア分析など10項目以上は作りました。

グラフや表の作成にExcelを使います。GoogleAnalyticsからデータをエクスポートして加工などをします。ピボットグラフを使うと楽かな、と思って使ったらデータがずれてしまったことがあったので、ここは通常のグラフで。複合グラフを使うと分析対象によっては見やすいグラフが作れます。
Excelがある程度使えないと苦労しますね。(使えない人はあまりいないと思うけど)

時間帯分析グラフトラフィック分析表

レポートはPowerPointを使用しますので、パワポも使えないときれいにできません。
お客様に見ていただく、という視点で作成するので、見栄えの部分は最後に入念にチェックします。フォントの統一(メイリオがきれいです)、文字の大きさ、読みやすさなど。
色は使う色を決めて統一感を出します。(多色は減点のもと、らしいです)

GoogleAnalyticsでは、カスタムレポートを多用しました。ここで初級受験記でご紹介したできる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応が活躍。もちろんネットからもずいぶん情報を得ました。
そしてマスターさんのサポートもあり、何とか完成。早めに見てもらうと適切な助言をいただけます。

お役立ちテキスト(web分析)


サイトの改善と目標達成のための Web分析の教科書

¥2,570 2015/6014発行 マイナビ出版

日本web協会

「webを改善するということはどういうことなのか」から始まり、目標設定とKPI設計、分析の流れ、広告効果測定、などがわかりやすく解説されています。

お役立ちテキスト(アクセス解析)


現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書 ~Googleアナリティクスと、その他ツールを使った実践的ノウハウ~

¥3,218 2014/8/23発行 マイナビ出版

小川卓(著)

Schoo(スクー)でもおなじみの小川卓さん著の一冊。2014年に購入したときは内容がちょっと難しくてあまり読めなかったけれど、今回改めて活用できてよかったです。

ウェブ解析士協会のサイトへ

上級ウェブ解析士に合格して

修了レポートを提出してある程度感触はあったものの、正式な合格通知メールをいただいたときは本当にホッとしました。

10月からの長丁場でしたが、資格を取ったこともよかったのですが、何よりも勉強してよかった、と思います。SEOに関しては実践していたものの、マーケティングはちょっと苦手分野だったのでこれからどんどん活用していこうと思っています。

大変だけど、「取って良かった資格」とおすすめできます。
初級だけではあまり実務には活用できなかったかもしれません。思い切って上級にチャレンジしてよかったです。

取って終わり、ではなく、これを活用しなければもったいない、と管理しているサイトのリニューアルにまず取り掛かろうとしています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする